「新年を迎えて」

 令和2年、今日から学校がスタートしました。休み中、大きな事故等もなく、生徒が元気に登校してくれたことを嬉しく思います。朝、全校集会を行いましたが、その中で各学年の代表生徒が、新年の決意を述べてくれました。「部活動と勉強の両立を目指す」、「自分をみつめ、最後まであきらめない」「明るい雰囲気づくりを続ける」等、昨年の自分をしっかりと振り返った上での決意でした。また、私からは、新年のはじめということで、全校生徒に改めて、教育目標、目指す姿の確認をしました。教育目標「知性の高い生徒になる」、目指す姿は「自己実現に向けて努力する生徒」、日常での具体的な姿として、「自ら考え判断する生徒」「自分の思いを表現する生徒」「認め合い、励まし合う生徒」「挑戦しやり抜く生徒」、全校生徒が自分をしっかりと見つめ、自分の現在地を確認しつつ、目指す姿を具現できるよう努力してくれることを期待しているところです。教職員には、全校集会の前に、新しい年を迎えても、やるべきことは変わらない。生徒のために、生徒の自立、成長のために、何ができるかを一人一人が考え取り組むことである。そのためには、自分自身が成長し続けなければならない。自分が成長するために、自分は何がやりたいのかをしっかりと持ち頑張っていこうと話をしました。私も、日々成長できるよう努力し続けようと決意しております。本年もよろしくお願いいたします。

2020年1月7日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin