「積雪後の朝」

 大雪になった連休明け、朝から職員が学校周辺の歩道、横断歩道周辺の除雪をしてくれました。いつもより早く学校に来て、除雪してくれている職員の姿に感謝の気持ちで一杯です。そんな中、除雪をしている職員に対して小学生が、大きな声で、挨拶したり、ありがとうございますと声を掛けたりしてくれました。中学生も、元気に挨拶をしたり、ありがとうございますと感謝の言葉を口にしたりしながら登校していました。新潟市は、令和4年度コミュニティスクールへ移行します。学校と地域が同じ方向を向いて子どもを育てていく。学校の中心は授業です。しかし、子どもを育てる、地域で教育するといった時には、学校の中、教室の中だけではありません。様々な大人の姿を見て学ぶこともたくさんあります。そして、感謝の言葉を口にできた子供たちを褒めることで、大切なことは何かを学ばせることができます。連休中、学校の様子を見て、除雪をしてくださった保護者の方がいたとお聞きしました。感謝の気持ちで一杯です。多くの方に支えられながら、学校はあること、子どもたちは学んでいることを改めて感じた、朝でした。

2021年1月12日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin