「授業研究スタート」

 秋の授業研究、公開授業が昨日からスタートしました。学校での授業改善の取組は、たとえコロナ禍であっても止めるわけにはいきません。昨日は、評価の研修もかねて、研究主任がまずは授業を公開し、評価の研修へとつなげました。全員で授業を参観、その後の研修、そして、研修後も授業について話をする姿がたくさんありました。これから、12月の終わりまで続きます。授業改善に終わりはありません。だからこそ歩みを止めず続けなければいけません。それが、日々の授業の改善につながります。そして、生徒へと還元されていきます。意欲的に取り組む職員を頼もしく思っています。

2020年11月19日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin