「授業研究スタート」

 秋の授業研究、公開授業が昨日からスタートしました。学校での授業改善の取組は、たとえコロナ禍であっても止めるわけにはいきません。昨日は、評価の研修もかねて、研究主任がまずは授業を公開し、評価の研修へとつなげました。全員で授業を参観、その後の研修、そして、研修後も授業について話をする姿がたくさんありました。これから、12月の終わりまで続きます。授業改善に終わりはありません。だからこそ歩みを止めず続けなければいけません。それが、日々の授業の改善につながります。そして、生徒へと還元されていきます。意欲的に取り組む職員を頼もしく思っています。

2020年11月19日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「時は刻まれていく」

 演劇発表会、体育祭に続き、合唱発表会に向けて、生徒が真剣に取り組んでいます。そんな生徒、職員の姿を見ていると、時間が過ぎていくことも忘れてしまうくらいです。生徒にとっては、限られた時間の中での活動、できれば時が止まって欲しい、もっと時間が欲しいと思っているのかも知れません。しかし、時は、止まることなく刻まれています。秋も深まってきています。限られた時間の中で、工夫し、活動に夢中になっている生徒たちは、感じているのかな?朝晩の寒さ、周囲の木々の色づきから、季節の変化は感じているとは思いますが・・・。

2020年10月30日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「新聞記事感想文コンクール」

 本日、新聞記事感想文コンクールで、産経新聞社賞を受賞した1年生の別所さんを新潟支局長様から表彰していただきました。当校では、昨年度も同じ賞をいただいた生徒がいたので、2年続けての受賞となりました。大変うれしいことです。これからも、より多くの生徒が、新聞や文字にたくさん触れ、たくさんのことを感じたり、考えたりしながら、自分の成長につなげていってくれることを期待しています。

2020年10月26日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「授業改善に向けて」

 体育祭を終え、合唱発表会の準備も進んでいる中、今日は、秋の公開授業に向けての第1回指導案検討会。教育活動の中心は授業!その授業をいかに生徒にとって魅力あるものとするのか、自分たちの授業をどう改善するのか、真摯に取り組む職員。この積み重ねが、何よりも大切なことを全職員が理解し、実践してくれている。頼もしい限りである。どんな授業をしてくれるのか楽しみである。

2020年10月21日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「体育祭を終えて」

 心配された天気も、最後まで雨に降られることなく無事体育祭を終了することができました。寒い中でしたが、たくさんの保護者・地域の方にも参観いただき、生徒が頑張る姿を見てもらうことができました。演劇発表会を終え、2週間、途中、新人戦、休みが挟まり、実質連合の応援練習等は4日間という中、本当に素晴らしい姿を見せてくれました。生徒の底力を見ることができました。演劇から体育祭、本来とは、順番が逆になってしまった行事ですが、確実に、成長を重ねています。次は、三大行事最後の合唱発表会。各学級が、これまでの自分たちの成長をどのような合唱で、姿で示してくれるか益々楽しみになりました。それにしても、体育祭活動の中、生徒だけでなく、職員のこれまで以上の頑張り、本気、その中での成長を見ることができました。生徒の力を引き出す、そして、支えているのは、職員です。そんな意味からも、校長として、生徒の成長はもちろん、職員が成長していく姿を見ることができた、素晴らしい体育祭でした。

2020年10月17日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「前期終業式」

 今日で、前期が終了します。先ほど、終業式を終えました。今回の終業式から動画を撮影し、保護者のみなさんに限定配信することとしていました。手違いで、全てを録画できず、生徒・職員代表の振り返りのみの配信となってしまいました。様々なシーンを可能な限り保護者のみなさんにお届けしたいと思っています。生徒の姿はもちろん、職員の姿、生徒に対してどんな思いで取り組んでいるのか等が伝わることが大切だと考えています。校長の講話も、動画では配信できなかったので原稿にして掲載します。

【前期終業式校長講話】

2020年10月9日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「9月も終わり」

 9月最終日、とても爽やかな天気になりました。中庭では、様々な花が咲き、池の鯉も気持ちよさそうに泳いでいます。

2020年9月30日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「最後」という言葉の重み

校内掲示「私が選んだ1枚」より

 演劇発表会を無事終えることができました。感染症対策を含め、多くの方の協力を得て実施できたことに改めて感謝いたします。各学年ともに、素晴らしい演劇を発表してくれました。3年生の演劇の最後、監督が挨拶してくれましたが、3年生としての気持ちのこもった素晴らしい挨拶でした。「私たちの最後の演劇」という言葉を聞いた時、実施できて良かったと実感しました。しかし、「最後」なのは、1,2年生にとっても同じ。先輩の演劇を見て、多くを感じ、学ぶことはその年にしかできないことである。1,2年生も、自分たちの活動を振り返り、充実感を持って終えたことは間違いない。しかし、先輩の演劇活動を見て、感じたこと、学んだことも多かったはずである。こうやって、伝統は受け継がれ、発展していくのだと感じた演劇発表会であった。

2020年9月29日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「行動すること」

 朝晩涼しくなり秋を感じるようになってきました。中庭の花壇は、草花で溢れています。その傍らで、過ぎ去る夏を惜しむようにひまわりの花が咲いています。生徒は、定期テストも終え、演劇の活動が本格化しています。それぞれの役割をしっかりと果たし、自分たちが伝えたいことが表現できる納得のいく演劇を創り上げて欲しいと願っています。そんな中、その後にある体育祭に向け、生徒たちが自主的にグラウンドの草取りをしてくれています。「きれいなグラウンドで体育祭をやりたい」という思いからの行動です。生徒が、何かを感じ、思いをもち、それを行動に移してくれていることをうれしく思います。行動することでこそ、自分の思いを形にできます。また、行動することで、違ったことを感じることができます。草取りに励む生徒の次を期待せざるを得ません。

2020年9月16日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「1人1台の端末」

 昨日、職員研修の際、生徒1人1台の端末が配布されることについて、話をしました。話をしたのが、「配布されたその時から、毎日生徒が当たり前のように使わなければ、意味がない。」ということです。そのための準備をしなければいけないという話をしました。誰が、どんなアイディアを出してくれるか楽しみでなりません。生徒は持ち帰ります。家庭との情報共有の方法も変わっていきます。保護者のみなさんに対する情報提供も並行して進めなければいけません。やることはたくさんあります。日本はすでに遅れているといわれている中、そんなことはないと言えるようくらいの気概を持って進みたいと思っています。一番学ぶべきは私だということは自覚していますが。

2020年9月8日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin