「学校づくり委員会」開催

 昨日、学校づくり委員会を実施しました。例年は、生徒も入れて実施していたところですが、今回は、今後の学校運営協議会を意識して、生徒を入れないで実施してみました。学校評議員、地域の方、卒業生、保護者等、たくさんの方に参加いただき、有意義な時間となりました。また、実施してみて、今後の課題等も明らかにすることができたことは、大きな成果であったと思っています。

2021年2月17日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「卒業発表会~成長を語る会」

 3年生が、これまでの自分を振り返り、自分の成長、そして、これからの目標を、一人ひとり工夫を凝らし発表していた。苦労したこと、悩んだこと、楽しかったこと、自分の成長のきっかけになったこと等々、自分の言葉で語っている姿は、とても立派であった。自分について堂々と人の前で語ることは簡単なことではない。それぞれが、それぞれのペースで成長してくれたことは嬉しいことである。発表を聞いていた1、2年生も、感じることはたくさんあったと思う。きっと、今後につなげてくれると期待している。たくさんの保護者、地域の方にも参加いただき、発表を聞いていただいた。ありがたいことである。感想を伺い、今後に活かしていきたいと考えている。

2021年2月5日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「積雪後の朝」

 大雪になった連休明け、朝から職員が学校周辺の歩道、横断歩道周辺の除雪をしてくれました。いつもより早く学校に来て、除雪してくれている職員の姿に感謝の気持ちで一杯です。そんな中、除雪をしている職員に対して小学生が、大きな声で、挨拶したり、ありがとうございますと声を掛けたりしてくれました。中学生も、元気に挨拶をしたり、ありがとうございますと感謝の言葉を口にしたりしながら登校していました。新潟市は、令和4年度コミュニティスクールへ移行します。学校と地域が同じ方向を向いて子どもを育てていく。学校の中心は授業です。しかし、子どもを育てる、地域で教育するといった時には、学校の中、教室の中だけではありません。様々な大人の姿を見て学ぶこともたくさんあります。そして、感謝の言葉を口にできた子供たちを褒めることで、大切なことは何かを学ばせることができます。連休中、学校の様子を見て、除雪をしてくださった保護者の方がいたとお聞きしました。感謝の気持ちで一杯です。多くの方に支えられながら、学校はあること、子どもたちは学んでいることを改めて感じた、朝でした。

2021年1月12日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「笑顔」と「感謝」

 令和3年がスタートしました。昨日、生徒も元気に登校し授業がスタートしました。荒天候のため、急遽、午前で切り上げることとなったため、4限に全校集会を開きました。令和3年も、「これまでの当たり前が通用しない」「取り巻く環境が日々変化する」「誰も経験したことのない日々が続く」等、厳しい状況が続く。だからこそ、私たちにできることは、「今を大切にして生きる」ことである。しかも、今年度のテーマ「主体的」に生きることであると話をしました。また、私は、「笑顔」でいること、そのための努力をすること、そして、「感謝」の気持ちを持ち続けること、そして、言葉に出して言えることを大切にしていきたいと話をしました。人とのかかわりが薄れがちな状況が続く今だからこそ、「笑顔」と「感謝」を忘れずに進もうと思います。本年もよろしくお願いします。

2021年1月8日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「感謝」

 明日からは、閉庁日。今日で令和2年も終わりです。様々なことがあった年でした。改めて、どこかで一年を振り返ろうと思いますが、今、感じていることは、たくさんの人へ感謝しなければいけないということです。学校は、たくさんの人がかかわり、たくさんの人に支えられ、その機能を果たすことができるのだということを実感した一年でした。令和3年がどんな年になるか想像もできませんが、感謝の気持ちを忘れずに、一日一日を大切に過ごすことが大切だと感じています。今年一年ありがとうございました。

2020年12月28日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「12月を迎え」

 12月になりました。今年も残り一か月、まだまだ感染症対策等に気を使いながらの日々ですが、良い一年の締めくくりができればと思います。校内でも、12月になり、玄関まわりを中心にクリスマスツリー等が飾られ、忙しい日々を送る、生徒、教職員も、もうこの時期だなと感じることができているように思います。良い締めくくりをするためには、自分がやるべきことをしっかりやることです。授業公開が行われていますが、真剣に授業に臨む様子を見る限り、大丈夫だなとは思っています。

2020年12月8日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「授業研究スタート」

 秋の授業研究、公開授業が昨日からスタートしました。学校での授業改善の取組は、たとえコロナ禍であっても止めるわけにはいきません。昨日は、評価の研修もかねて、研究主任がまずは授業を公開し、評価の研修へとつなげました。全員で授業を参観、その後の研修、そして、研修後も授業について話をする姿がたくさんありました。これから、12月の終わりまで続きます。授業改善に終わりはありません。だからこそ歩みを止めず続けなければいけません。それが、日々の授業の改善につながります。そして、生徒へと還元されていきます。意欲的に取り組む職員を頼もしく思っています。

2020年11月19日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「時は刻まれていく」

 演劇発表会、体育祭に続き、合唱発表会に向けて、生徒が真剣に取り組んでいます。そんな生徒、職員の姿を見ていると、時間が過ぎていくことも忘れてしまうくらいです。生徒にとっては、限られた時間の中での活動、できれば時が止まって欲しい、もっと時間が欲しいと思っているのかも知れません。しかし、時は、止まることなく刻まれています。秋も深まってきています。限られた時間の中で、工夫し、活動に夢中になっている生徒たちは、感じているのかな?朝晩の寒さ、周囲の木々の色づきから、季節の変化は感じているとは思いますが・・・。

2020年10月30日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「新聞記事感想文コンクール」

 本日、新聞記事感想文コンクールで、産経新聞社賞を受賞した1年生の別所さんを新潟支局長様から表彰していただきました。当校では、昨年度も同じ賞をいただいた生徒がいたので、2年続けての受賞となりました。大変うれしいことです。これからも、より多くの生徒が、新聞や文字にたくさん触れ、たくさんのことを感じたり、考えたりしながら、自分の成長につなげていってくれることを期待しています。

2020年10月26日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin

「授業改善に向けて」

 体育祭を終え、合唱発表会の準備も進んでいる中、今日は、秋の公開授業に向けての第1回指導案検討会。教育活動の中心は授業!その授業をいかに生徒にとって魅力あるものとするのか、自分たちの授業をどう改善するのか、真摯に取り組む職員。この積み重ねが、何よりも大切なことを全職員が理解し、実践してくれている。頼もしい限りである。どんな授業をしてくれるのか楽しみである。

2020年10月21日 | カテゴリー : 校長室から | 投稿者 : hakushin